自動車保険の基礎知識


自動車保険の基礎知識

自動車保険には必ず入らなくてはいけないものです。 しかし、何故入らなくてはいけないのか、どんなものがあるなど詳しくわかっている人はあまりいません。
ここでは自動車保険の基礎知識を学び、どうして自動車保険が必要なのか知っておきましょう。 自動車保険には、自賠責保険と任意保険の二種類があります。一般的には、後者の任意保険のことを自動車保険と呼ぶことが多いようです。
新車を買うときや、車検のときに強制的にかけるのが自賠責保険です。任意保険は自分の車の乗り方によって、保険の内容を選ぶことができます。 自動車に多く乗る人は保険を厚く、あまり車を乗らない人は、最低限の保険で良いなど人それぞれです。 保険は必要なものですが決して安くはありませんので、無駄なものには入らず必要なものだけに入るよう加入者も考えることが必要です。
また、自動車保険は対人保険、対物保険、搭乗者保険、車両保険などがあります。 対人保険は相手にけがをさせたり、死亡させたりしたときに払うもので、任意保険の場合無制限などの設定ができます。
対物保険は、民家や車を壊したときに出る保険です。搭乗者保険は一緒に乗っている人に対しての保険、車両保険は保険をかけている車に対しての保険です。 保険の内容は保険会社によっても違いますので、必ず資料請求し、わからないことは聞いておきましょう。 自動車保険の基礎知識を学び、少しでも保険の重要性を理解し加入漏れがないようにしましょう。
<おすすめ情報>
・生命保険を見直したい方は、こちらのサイトをご覧ください ⇒ 生命保険



ページTOPへ